スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暴走

第171話 昭和50(1975)年10月24日放送  主演@私感:山さん

【監督】 澤田幸弘
【脚本】 小川英 杉村のぼる
【出演】 石原裕次郎(藤堂俊介・ボス) 勝野洋(三上順・テキサス) 宮内淳(田口良・ボン) 小野寺昭(島公之・殿下) 下川辰平(野崎太郎・長さん) 竜雷太(石塚誠・ゴリさん) 露口茂(山村精一・山さん)
【ゲスト】 仲谷昇(橋爪社長) 柴田彦(横山) 戸部夕子(橋爪京子) 武岡淳一(吉沢)
 ※DVD-BOXブックレットのセミレギュラー出演は誤表記ですね。どう見ても平田昭彦氏の西山署長は出てきません(^^;)。

【あらすじ】
 七曲署捜査一係に「女を誘拐する」という予告電話が入る。そしてその直後、貿易会社の社長令嬢・橋爪京子が誘拐された。山村は、目撃者が一人もいないこと、念の入った手口から顔見知りの犯行ではないかと疑いを持つ。
 間もなく犯人から身代金5,000万を要求する電話が入り、山手線の中で受け渡すという支払方法を指定してきた。京子の父親は娘を守ろうと現金を用意し、犯人に渡してから捜査を開始するように頼む。一方、電車に乗り込んだ山村は、現金めがけて突進し、ドアから飛び降りようとする不審な男を猛然と追いかけ逮捕してしまう。だが、この男は見知らぬ男から数百万あげるからと頼まれただけだった。
 その後、京子の絞殺死体が発見され、人命を無視した山村刑事の暴走に非難が集中。 山村は、とことん暴走すると藤堂に宣言、捜査を続行する。そして、京子の婚約者で次期社長の呼び声高い横山が、吉沢が犯人と現金を受け渡す現場近くのビルにいたことを突きとめるのだった。

 ★久し振りのブログです。ご無沙汰していて、すみませんでした。
 その間に頂いた拍手にコメント、ありがとうございます♪ 何気に検索キーワードも増えてまして(汗)、というか、面白いキーワードもあって興味深いのと同時に、まだまだなブログでほんとにすみません<(_ _;)>
 仕事で書く余裕はなかったのですが、DVDを視聴するくらいは出来たので「西遊記」を見てました。直撃世代ですが、我が家は大河ドラマが当たり前の時間帯だったため、再放送組です。後年、いくつもリメイク版が作られましたが、世代的にも作品的にも堺正章版が大好きですね(笑)。(リメイクといえば「太陽」にも平成版があるわけですが、思うこともあるので、いずれどこかに書きたいと思っています)
 マチャアキ版「西遊記」は日本テレビ開局25周年記念番組。「太陽」では北海道ロケが25周年イベントエピソードにあたるわけですが、当時の日テレがドラマに対して、どれだけ太っ腹だったかがわかるってもんです。輸入ドラマで経費を浮かして、独自の文化を育むことを放棄した現在のテレビ局に何の魅力があるかしら?と小一時間……(爆)。云っちゃいけないとは思いつつも、「大人」や「職人」が作ったドラマやアニメ、ドキュメンタリー等に触れることが出来た子供時代に心底感謝します。


 実は、このエピソードへの山さんファンの感想や想い入れに凄く興味があります。「暴走」というタイトルへの理解は、おそらく山さんファンが一番だとも思っていますしね。なので、本編を初めて見て以来ずっと感じている疑問にも答えてくれそうな気もしてたりするんですよ。うん、山さんファンなら。
 
 文字を切り抜いて繋げる脅迫状、色んな音声を繋げる脅迫電話、アナログが当たり前だった時代の犯罪です。にしても音声のほうは今聴いても、かなり不気味に聞こえます。というか、怖い(^_^;)。
 ちなみに橋爪京子の部屋、何気にテレビがあります。社長令嬢らしく裕福さをアピールしてますね。特にブランド品とか値の張りそうな家具があるわけではないのですが、品の良さが感じられます。テレビがあって自家用車を持っていて、その自動車の一件から犯人は顔見知りではないか。顔見知りの場合、彼女が生きて帰ってこられる可能性はゼロに近いと推理する山さん。
 今回、電車内のシーンが凄く長い。しかもBGMがかかるわけでもなく。当時の山手線の雰囲気をそのまま映し出していて、鉄道マニアの方ならオイシイ場面なのかな~とふと思ったり☆
 身代金を取りに来た男・吉沢は直接的な犯人ではなかったわけですが、人質がどうなってもいいのか!と口走ってるので無関係とは言い難い。犯人と面識がないにしても、100万という報酬に目が眩んで手助けをしたわけで。それだけで十分、山さんの鉄拳を受けるだけの事はしちゃってますね。
 
 でも結果的に橋爪京子は殺されてしまう。
 現場のシーン、何かめっちゃリアルです(汗)。昔、お昼のワイドショーで再現フィルムみたいなのをやっていた時に似たシーンがありまして、「暴走」本編の初見より前だったので速攻で思い出しちゃいました|||orz||| これってテキサス&ボン編だよね? マカロニ&ジーパン時代じゃないよね?? お子様の見てる確率がめっちゃ高かったはずなのにイイんですか?(^^;)と見るたびに思います、はい。

 NNNニュースはリアルそのままですが(^^;)、アナウンサーもホンマモンの方なんでしょうか? 化け物と化した当時の「太陽」はこういった事まで出来る力があったんですね。

 身代金欲しさでもなければ、誘拐すらカモフラージュ。ただ橋爪京子を殺すのが犯人の目的。それが山さんの結論。そして捜査線上に浮かんだのが、橋爪貿易の営業課長で京子の婚約者・横山。彼には愛人がいて、それが京子にバレていて婚約を解消されるのは時間の問題。しかも京子が亡くなった現在は、橋爪社長は横山を養子にして後継者にするという。なんかもう……何それ?的な動機のてんこ盛り。ぶっちゃけてしまうと、この時代はまだ女性の意思尊重ってさほどされていなかった時期とも云えるんですけどね。封建時代なら仕方がないと諦めるしかないけれど、気の毒なのは橋爪京子です。

 水面下で脅迫電話の調査を続けていたのか、横山の逮捕はあっけないものでしたね。物証を自宅に置いておくなんて余程自信があったんでしょうか。野望の階段から転げ落ちた男の結末は無様なものです。あの愛人にしても、そんな男はさっさとバイバイしそうですしね(酷)。

 山村 「あの時……。吉沢を強引に逮捕したあの時、私は少なくとも、ルールに忠実な立派な刑事とは云えなかった。……あれはやっぱり、暴走だと私は思っています」

 山さんの暴走。暴走って何だろう?と、それが山さんだからこそ、ずっと疑問符を抱えてたりします。言葉の字面、それだけじゃないだろうと。マカロニ&ジーパン期の各前半エピソード、テキサス単独期全エピソードは見れる環境なのだから見れば少しはわかるかもしれないと思いつつ、はい、思いつつ(^^;)☆


*** 今回の良ちゃん ***
・アバンタイトル、ど~しても良に目が行っちゃいます(^^;)。音楽始まると同時なんだもんvv(自爆)。
・部屋に入ってくるなり、いきなり小ボケをかまします(笑)。
・「ね?ヘンでしょ?」
 不審な手紙を持ってきての一言ですが……それ、刑事として云っちゃいけないと思うの(^^;)。ちなみに創(ロッキー)が来てからのエピソードでも似たシチュエーションがありますが、そういう役回りなんでしょーか?(^^;)(^^;)。
・遺体発見時、ふっと顔を背けそうな仕草。こういった仕草は前期スコッチ期まで見られます。
・「そこまでわかっていて、指くわえて引っ込んでるなんて……!」 山さん暴走に油を注いだ良ちゃんGJ!(え)
・横山の自宅での良ちゃん見てると、やっぱり登場編の面影がまだ若干見られます(^^;)。そんな表情見てると、やっぱり似てるなあ~☆(誰に^^;)

テーマ : 太陽にほえろ!
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
カテゴリ
最新コメント

openclose

ボン期DVD-BOX
ボン期DVD-BOX
全10商品


テキサス&ボン1「ボン登場」
第168話-第192話収録


テキサス&ボン2「テキサス殉職」
第193話-第216話収録


スコッチ&ボン1「スコッチ登場」
第217話-第236話収録


スコッチ&ボン2「さらば、スコッチ!」第237話-第255話収録

ボン単独期はここに収録

1977-1「ロッキー刑事登場!」
第256話-第269話収録


1977-2「ボン&ロッキー」
第270話-第283話収録


1978-1
EPSODE No.284-309


1978-2
EPSODE No.310-335


1979-1
EPSODE No.336-361


1979-2
EPSODE No.362-387

ボン編は第363話まで。
回想編数話あり



ボン期本編以外の関連商品

七曲署ヒストリー
1972-1987

OPタイトル&
全予告編コレクション


テキサス刑事編2

テスト出演作 第148話「友情」収録

過去ログ

2025年 10月 【1件】
2011年 10月 【1件】
2011年 01月 【2件】
2010年 12月 【1件】
2010年 10月 【2件】
2010年 09月 【2件】
2010年 08月 【1件】

運営サイト
携帯はこちらから
QR
プロフィール

Author:麻矢
宮内淳さんファンです。「太陽」からこれまで、気が付けば大雑把ながらブラウン管(古)のこちら側から見続けてました(^^;)。

ブログ内検索
etc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。