スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どちらも本当なのかもしれない。

気が付けば、こんなに書いてない~~~~!! 
良ちゃん絡みでやりたいことが多くてもう、ほんとにもうっ!!(滝汗)

大変ご無沙汰しておりましたっ<(_ _;)>
本館の「MEMORIES」とごっちゃになるとマズイし、そもそもこのブログでの良本編エピソード戯れ言が、まだ数編しか進んでない状況なのですが、気持ちを抑えることは無理でした。

ファミリー劇場での「太陽」が最終回ということで組まれた特番見たさに、一旦止めていたスカパー!に入り直したのが今月初め。第2の男・DJの登場編は逃しましたが、何編か飛ばしつつも目に入ると何となく、ながらで見ている末期「太陽」。エピソードで云うと、あれが「赤ちゃん」なのかな? たまたま先ほどTVを付けたらクライマックスで、私にしては珍しく続けて「山さんからの伝言」まで見入っていました。

音楽(劇伴)ひとつで、こうも印象が変わるもんだろうか……?

ぶっちゃけて云うと、少なくともこの2編に関しては、【私の太陽】とも云える良編の、70年代の「太陽」のイメージそのままだったんですよ。これまで、末期に対してそんな印象は全く持たなかった自分には、むしろ変わりすぎたからこそ戻ってこれたんだと云い切っていた自分には正直、衝撃でした。

良以降、ファミリー劇場や日テレプラスで放送されるようになっても未だ、先を見る気持ちになれない。というより、先に進めない。これが単純に役者の好き嫌い云々なら、ここまで引き摺ることもなかったんでしょうし、その方が幸せだったんじゃないかとすら思うこともあります。あの世界、舞台というか世界観?に引き摺り込まれて、良がいなくなっても、あの世界での日常は続いていく。それを目の当たりにするのが辛いから見ない。見れない。それだけなんですよね。
DJこと太宰準は前述の通り、第2の男なんですけども(笑)。立ち位置は良とは全く違うんですよ。ようやく一介の「太陽」視聴者になれたような、そんな感覚を与えてくれたキャラです。末期ほどメンバーが入れ替わると、入れ替わったからこそ、そんな中で現れた準は、自分のなかの「太陽」に新たな可能性を示してくれた存在でした。石原氏の病状悪化で終了してしまいましたが、私の再スタートは準がいてこそだったんです。

そう思っていたのに。何でここに来て、そんなに"その雰囲気"がしっくりくるのよ……(泣)。
まさに、いつか見た風景みたいなものが、そこにありました。
悲しいから「ボス 愛のテーマ」を聴くんだ!(T_T)

これが「太陽」の根っこと云われるモノなんでしょうか。変わりすぎたからこそ戻る気になれたのはほんとだけど、やっぱり嬉しい。どうしようもなく嬉しい。そこに良がいなくても、"いた"という証はあるから。
ちなみに本放送当時、壊れかけたノイズだらけのTVで見た最終回は、やはり時間経過を感じさせる変わりすぎた「太陽」でした。そして、あの世界での日常風景でした。明日、ファミ劇での最終回ですね。見ようと思います。

「山さんからの伝言」って、良単独期の頃か……。「辞表」の頃とも云えるわけですね。「家出」もこの頃。そっか、あの頃の事件なんだ……。あ、ナーバスになってきた|||orz|||
スポンサーサイト

テーマ : 太陽にほえろ!
ジャンル : テレビ・ラジオ

最新記事
カテゴリ
最新コメント

openclose

ボン期DVD-BOX
ボン期DVD-BOX
全10商品


テキサス&ボン1「ボン登場」
第168話-第192話収録


テキサス&ボン2「テキサス殉職」
第193話-第216話収録


スコッチ&ボン1「スコッチ登場」
第217話-第236話収録


スコッチ&ボン2「さらば、スコッチ!」第237話-第255話収録

ボン単独期はここに収録

1977-1「ロッキー刑事登場!」
第256話-第269話収録


1977-2「ボン&ロッキー」
第270話-第283話収録


1978-1
EPSODE No.284-309


1978-2
EPSODE No.310-335


1979-1
EPSODE No.336-361


1979-2
EPSODE No.362-387

ボン編は第363話まで。
回想編数話あり



ボン期本編以外の関連商品

七曲署ヒストリー
1972-1987

OPタイトル&
全予告編コレクション


テキサス刑事編2

テスト出演作 第148話「友情」収録

過去ログ

2025年 10月 【1件】
2011年 10月 【1件】
2011年 01月 【2件】
2010年 12月 【1件】
2010年 10月 【2件】
2010年 09月 【2件】
2010年 08月 【1件】

運営サイト
携帯はこちらから
QR
プロフィール

麻矢

Author:麻矢
宮内淳さんファンです。「太陽」からこれまで、気が付けば大雑把ながらブラウン管(古)のこちら側から見続けてました(^^;)。

ブログ内検索
etc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。